ニュース/お知らせ

  • 領域の横サイズ: px
  • 領域の縦サイズ: px

●全掲載分●
Microsoftは4月26日配信のWindows11のWindows Updateで不具合発生と発表
Microsoft(マイクロソフト)は4月26日にWindows Updateで配信された[Windows11]のアップデート「KB5012643」をインストールすると、特定の.NET Framework 3.5のコンポーネントを使用した一部アプリケーションが起動しなくなったり、正常に動作しなくなる等の不具合が発生していることを発表。
……………………‥‥‥‥‥・・‥‥‥‥‥……………………
.NET Frameworkは、Windows上でプログラムを構築・実行するために利用されている無料のオープンソースプラットフォームで、多くのアプリで利用されています。
マイクロソフトは、「この更新プログラムをインストールした場合、一部の .NET Framework 3.5 アプリに問題が発生したり、アプリが開かないことがあります。影響を受けるアプリは、Windows Communication Foundation (WCF) や Windows Workflow (WWF) コンポーネントなどの .NET Framework 3.5 の特定のオプションコンポーネントを使用しているものになります」とコメント。このバグは、特定の.NET 3.5要素を使用しているものだけに影響するようです。

Windowsバージョン21H2用の「KB5012643」が実行されているPCで、問題が発生していてお困りの方は、「このアップデートをアンインストールしてください」と、マイクロソフトはコメントしています。
《アンインストールするには》
スタートメニューを開き、「Windows Updateの設定」と入力し、ハイライトされたオプションを選択。「更新の履歴」のページで KB5012643 を発見したら、「アンインストール」を選択。この変更を実行するには、一度システムを再起動が必要。

[Windows10]用更新プログラムにも不具合情報が発表されています。
KB5011831 はWindows10 バージョン21H2/21H1/20H2用のプレビューリリースと呼ばれる累積更新プログラムです。この更新プログラムを適用すると、機能の改善や不具合の修正などが施されますが、プレビュー版であるため注意が必要です。ニッチなPCゲーマーの環境構築UpDate
(2022.5.10)
本日はMicrosoft月例セキュリティー更新の日
本日はMicrosoftWindowsの月例定期更新の日。
2022年4月のセキュリティ更新プログラム (月例)-Microsoft Security Response Center
「Windows 10 バージョン 1909/20H2」のパッチ提供は来月5月10日が最後とMicrosoftが注意喚起しています。
※ただし「バージョン 20H2」のEnterprise/Educationエディションは除く。
先日「Chromium」(Google Chrome)にもセキュリティアップデートがあった。追従するセキュリティパッチが近日中にリリースされる見込みということで、いずれも適用を怠らないように実施しておきましょう。
(2022.4.13)

 

なりたて担当者様へ

※管理のヒント(一部)/他DLサイト

内容 DL
1.エラーコード表

時には「参考」に。
その現象の原因はローカル側か外側か推測しながらあたりを付ける、経験値と想像力が大切です。
管理者がユーザーと一緒に慌てても解決できません。

[DL]

2.クラウド利用

クラウド導入のタイミングは考えどころです。
周りが「クラウドだ〜」と言っても、いきなり全部って大丈夫ですか?
大丈夫の根拠−ネットワークの「環境」把握してますか?

[DL]

3.VPNとネット

「ウチはVPNだから問題なし。」はい、もう間違い。
環境と設備とソフト、そして利用者による正しい理解と使い方。どんな環境であっても必須です。規模に適した環境作りを考えましょう。

[DL]

リンク紹介

NPO法人東京都私立専門学校等評価研究機構 落語研究会 国立劇場小劇場 TBSテレビ主催 落語研究会(国立劇場小劇場)のご案内 落語協会 藤沢市 Just MyShop
ヤマト運輸荷物追跡 佐川急便荷物追跡 東北被災地応援団 白金支部